男性より女性の方が睡眠の質が良い?

男性より女性の方が睡眠の質が良い?

男女20代くらいまでは特に睡眠の質はほとんど変わることがないようです。しかし、年齢を重ねる毎に男性と女性の睡眠の室が変化してくるようです。

しかも、女性に比べて男性の方が寝起きがいいということもわかっています。女性の寝起きが良くないということは、睡眠の質も低下していると考えられます。

これは、女性ホルモンの分泌が関係しているのです。特に更年期になると、閉経と同時にホルモンバランスが乱れて睡眠に影響します。

そのため睡眠の質は低下し、男性よりも睡眠時間が足りないと感じるようで、統計でも女性の睡眠は男性に比べ、約30分も多いと言われています。睡眠の質をあげるには、なるべくストレスをなくし、運動を心がけるのが大切です。

男女の睡眠に違いがあるのはどうして?

男女の睡眠に違いがあるのはどうして?

睡眠に違いは個人差がありますが、男女の性別差もあると考えられています。何故性別により違いがあるかということは、性ホルモンに関係していると考えられています。

女性は妊娠や出産という大きな出来事を控えているため、少しの時間でも良質な睡眠がとれるようになっていると考えられています。

また、成人男性に比べ成人女性のほうがより脳の疲労回復が出来るように質の良い睡眠を取りやすい環境になっていると言われています。

女性のほうが男性よりもストレス耐性が強いことから中高年齢層までは女性のほうが良質な睡眠が取りやすいと言われていますが、卵巣の老化にともない高齢になると男性よりも睡眠に対する不満が高くなう傾向があるとも言われています。

朝の寝起きが良いのは男性?女性?

朝の寝起きが良いのは男性?女性?

男性と女性の差は様々な面で見られますが、それは生物学的には当たり前であり仕様がないことです。

そんな差は日常生活の中にももちろん隠れており、寝起きにも違いが見られると言います。男女間での寝起きにはどのような違いがあるのでしょう。

最も大きな違いは、朝の寝起きの良さの違いについてです。20代のうちはあまり大きな差は見られませんが、30代に差し掛かった頃になると女性よりも男性の方が目覚めが良いという統計結果が出ています。

これは、両者のホルモンの違いであり、女性は効率よく多くの時間を眠っているということが分かっています。

ホルモンのバランスが睡眠時間を男性よりも必要としており、これは女性が長寿である事への裏付けであるとされています。尚、日本だけでなくほとんどの国で男性の方が目覚めがいいと認められているようです。